BRAIN AND BLASTER our history

この文章はわたくし個人の曖昧な記憶と主観による歴史禄です

記憶違い、誤解等、多々あると思いますので話半分で読んでください




月曜休みになり、足を洗ったかに見えたリーダーですが

解散から半年ほど経ってから連絡があり、また日曜休みになった

で、昔の仲間がゲームやってるけどお前も来るか的な誘いがあり

前章で紹介した某廃墟を経て、アメガン主催の利根川のゲームに参加するようになります

参加者は今まで見てきた 「 サバイバルゲーマー = オタクっぽさ 」 がなく

垢ぬけてて、怖わそうなお兄さんばかりでした

ギラついているとでも言いましょうか、ウエルカムって感じでもなかったですし、最初コワかったです





当時の勢いを収めた 1ページ ( 1998年 )




参加者は皆 個性的で、スタイリッシュだった



それから、A兄さんも巻き込んで参加するようになってからしばらくの後

「 イト a.k.a パイセン 」 と出会います

パイセンは一人 「 WWU 」 の格好をしていて

「 ライアン 」 と呼ばれてました

( プライベートライアン公開は1998年ですが、十代からWWUを収集しているそうです )

D-DAYアサルトベストにブレーダーも装備していて完全な色物でした

( 当時の利根川ゲームはキラスタ系 ( ペイントボール系装備 ) のゲーマーが多かった )

「 ちょ、ミラー大尉 キタ━(゚∀゚)━ ! 」 と心の中で思いました

A兄さんも同じじゃないかな




初対面の時に近い恰好のパイセン
BARではなくトンプソンを使用していました


最初のコンタクトはゲーム中にパイセンが落とした手榴弾をA兄さんが拾ってあげた事です

自分はパイセンの車のカギにニルヴァーナの キーホルダーが付いていて

「 ニル好きなんですか? 」 的な話をした事を覚えています



年も近そうだし、サバゲ以外の話もイケそうだなと思った気がします

パイセンに限らず、利根ではその後も長くお付き合いする仲間 ( 先輩方 ) と沢山出会いました

そういう意味ではアメガンの利根川ゲームは重要な役割を果たしてくれたと思います



パイセンを仲間に迎え、チーム名の会議を西川越 GUSTO ( ここはHQ的役割を担っていた ) で行うのですが

ふざけた名前ばかり思いついて ( Akira Club とか )

消去法で 「 BRAIN AND BLASTER 」 が残ったと記憶しています



続く





A兄さん、パイセン、自分
この頃のパイセンは髪が肩まで伸びていた
キムタクを意識していたかは不明
「 まむしフィールド 」にて




整地され、公園になる前の西川越河川敷
「 まむしフィールド 」にて



ホビーフィクスのM14と良い笑顔
「 まむしフィールド 」にて


Nさんと自分
佐野TACTICSにて




パイセンの後ろにNさんとすぅさんが居ます
「 まむしフィールド 」 にて



A兄さん、Nさん、すうさん
佐野TACTICSにて




A兄さん、Nさん、自分、すうさん
佐野TACTICSにて